FC2ブログ

年明けの4日間

 1月2日はファミリーでチャーターでした。
おじいちゃん、お父さんと友人、中学生と小学生のトリオです。
少々波が有ったので、出航を遅めにして近場で主にタイラバをやりました。
子供たちは意外と波に強く、黙々と釣っていましたが、釣果が伸びません。
根魚がぽつぽつと当たる程度で終了。
晩御飯のおかずに足りたかな?

 翌3日から5日までご夫妻を壱岐周辺にご案内。
初日は壱岐西方を目指しましたが、波高し!
穏やかな所で退屈しない程度にいろいろな魚種をゲットされます。

 少し早めに切り上げて壱岐に入港。釣った魚をさばいて飲みました。
DSC01215.jpg
アコウとボッコと銘酒
DSC01217.jpg

DSC01218.jpg
鍋、美味しかったです。ごちそうさまでした!
 
翌日はべた凪の海面を、少し沖を目指しました。
今年初めてまともな朝日を拝めました。
DSC01219.jpg
沖でも状況は変わらず、前日並みの釣果で終わり。(期待外れ)
温泉に浸かり、リフレッシュ。

最終日は初日並みに波が有り、沖を諦めて行ける所まで。
都合により半日の釣りとなってしまいましたが、獲物を追加出来て一安心。

 お客様の期待に添えなかったのですが、「楽しめました」と労いの言葉をかけていただきました。
3日間、お疲れさまでした。


スポンサーサイト

10ポイント獲得!

 佐賀市のMさん。今年3月に初乗船。
それからコンスタントに通われ、本日(11月25日)ついに10ポイント獲得されました。

10ポイント獲得第1号です。

次回の乗船は無料ですが、権利の行使はいつでもどこのエリアでも可としていますので、最高料金の壱岐北エリアへの釣行で使われるでしょう。
DSC01193.jpg
いつもありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。

更新サボっていました

 11月17日、18日は長潮と若潮。魚は居ますが喰いません。

17日は青物ジギングがメインでしたが、ジギングでの釣果はネリゴ1にヤズ1、強めの風とピッチの短い波の中、タイラバで何とかお土産は確保して終了。
18日は泳がせをやろうと餌のアジゴ釣りから開始ですが、釣れるのはベラやアブッテカモばかり。
時間がもったいないので早々と諦め、何時ものタイラバがメインの釣りでしたが、雨も降るしアタリも無く、モチベーションは下がるばかり、アコウが少し釣れただけで終わりました。

 潮が緩い日は心してかからないと大変な目に遭います。

 
 


失敗談(タックル流失編、その壱)

今までの失敗を少しずつ紹介します。(ご参考まで)

先ずは、タックル流失編から。


その昔、男女群島での出来事です。

ハナレに友人と二人で渡礁しました。風が強かったので荷物が吹き飛ばされないよう用心していたのですが...

タモを組んでそのまま置いていた時に突風が。

ひらりとタモが舞い上がり、そのまま裏手の水道へ着水、そのまま沈んでしまいました。

よく見ると、海底にタモのシルエットが確認できました。

そこで、魚釣りがタモ釣りに変更です。

友人に協力してもらい、2人掛かりで釣り針を網に引っ掛ける作戦です。

運よく自分に掛かって水面までリフトに成功したのですが...

水面から釣り座までは5~6mあったと思います。

どうやって釣り座まで引き上げるか思案していたところ、何かの拍子に針はずれ!

また水中へ戻ってしまい、一段と深い場所へ。もう、見えなくなってしまいました。

《教訓》

「強風時は、念には念を入れよ!」

場合によっては、ハーケン、ピトンを打ち込んで、ロープで固縛するようになりました。

10月第2週

 13日(土)、14日(日)両日とも天候はまあまあでした。

13日の日の出です
DSC01134.jpg
東寄りの風がありウネリが大きかったです。

先ずは壱岐南岸の根魚ポイントからスタート!程好い流れ、魚探の反応はあるのですが喰いません。

ここで、風とウネリを考慮して西岸に回るか、波を覚悟して根魚の実績が高い東岸に向かうか悩んだ結果、東を選択。

結果から言うと、期待と裏腹にとても満足できる釣果にはならなかったです。お土産が期待できるポイントを攻めてもダメでした。

このような状況でしたが、みなさん、何とか夕餉のおかずはゲットされました。

14日の日の出です
DSC01137.jpg

 昨日より少しはマシ?

今日は壱岐北岸へ一直線。良型マダイをゲットする目論見は如何に。

退屈しない程度に釣れてはいましたが、型がイマイチでした。

結果はホームページを参照ください。

13日、14日のお客様、タフコンディションの中どうもお疲れさまでした。