FC2ブログ

年明けの4日間

 1月2日はファミリーでチャーターでした。
おじいちゃん、お父さんと友人、中学生と小学生のトリオです。
少々波が有ったので、出航を遅めにして近場で主にタイラバをやりました。
子供たちは意外と波に強く、黙々と釣っていましたが、釣果が伸びません。
根魚がぽつぽつと当たる程度で終了。
晩御飯のおかずに足りたかな?

 翌3日から5日までご夫妻を壱岐周辺にご案内。
初日は壱岐西方を目指しましたが、波高し!
穏やかな所で退屈しない程度にいろいろな魚種をゲットされます。

 少し早めに切り上げて壱岐に入港。釣った魚をさばいて飲みました。
DSC01215.jpg
アコウとボッコと銘酒
DSC01217.jpg

DSC01218.jpg
鍋、美味しかったです。ごちそうさまでした!
 
翌日はべた凪の海面を、少し沖を目指しました。
今年初めてまともな朝日を拝めました。
DSC01219.jpg
沖でも状況は変わらず、前日並みの釣果で終わり。(期待外れ)
温泉に浸かり、リフレッシュ。

最終日は初日並みに波が有り、沖を諦めて行ける所まで。
都合により半日の釣りとなってしまいましたが、獲物を追加出来て一安心。

 お客様の期待に添えなかったのですが、「楽しめました」と労いの言葉をかけていただきました。
3日間、お疲れさまでした。


スポンサーサイト

カバー取付他

 スプレーカバーです。
DSC01214.jpg

ブリッジ後部の両舷にスプレーカバーを取り付けました。

取付幅をデッキ幅と同じにしています。

スプレー除けに効果大です。これからはあまり濡れずに済みます。


 大晦日に鏡餅を備えました。
DSC01212.jpg

初代にも
DSC01211.jpg


お世話になっているヨットにも
DSC01210.jpg

出航時は揺れて散らかるため、簡素にしました。

まったりと手入れ

 本日は時化のため欠航です。
こんな時しかまとまった時間が取れないので、船の整備と片付けをしました。

朝から冷たい北風が吹く中ポンツーンに停めて、以前から考えていた胴の間のスペース有効利用のアイデアを実行しました。

先ずは書類入れ。100均の書類用バスケットを壁に接着。固定後、切り欠きを入れて完成。船検証、取説、業務規程全部収納出来ました。

次に、救急箱用の専用棚。やはり壁に設置して必要な時に直ぐに取り出せるようにしました。

最後に汎用の広い棚。お世話になっている船甚造船所のFRP廃材で棚板を作りました。

現物合わせで罫書き後、グラインダーでカットしましたが、素人なのでカット面は直線になりません。

それでも、製作したものがほぼ計画通りセットできた時には満足感があります。

これで、ごちゃごちゃ散らかっていたブリッジはすっきりします。

ブリッジの空いたスペースは、お客様のために活用したいと思います。

失敗談(携帯電話)

 先日(11月30日)、友人のヨットのメンテナンスを手伝いました。

愛用のガラケーをシャツの胸ポケットに入れ、シャツの上にジャケットを着て作業しました。

作業に気を取られ、ガラケーの存在を忘れていました。

何気なく前かがみになった次の瞬間、ガラケーは胸ポケットからずり落ち、ヨットのデッキを転がった後、海へダイブ😣

一応防水ですが、水深は5m程あります。信頼度は半分くらい?データの破損が心配...。

ダメかもしれないけど回収せな!

直ぐに潜水準備!素潜りでも良かったのですが回収するまで何回でも潜る体力が無いのでスクーバに。

準備に手間取り、潜水したのは30分を過ぎていました。落水地点を探したら少し離れた場所で発見!

液晶は何事も無いように何時ものままでした。

これはいけるかも‼とヨットのデッキに揚げて友人に真水に浸してくれるようお願いしました。

それから小一時間...。改めて見るとやはり何時もと同じ。

それから丸1日以上経った現在でも全くいつも通りです。
DSC01203.jpg


壊れるまで大切に使います!

海上では、紐をつけて体から離さないかウキをつけて沈まないようにするか対策が求められます。



作業灯を取り付けました

キャビンの前、タモ用ホルダーのマスト(?)に作業灯を取り付けました。
DSC01194.jpg

点灯してみました。
DSC01195.jpg
夜明け前の着岸作業や釣り具の積み込みなどに重宝すると思います。